チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイで出会ったタイ料理とお菓子たち

カテゴリー: お菓子

カノム・ルームグルーンขนมลืมกลืน
一口サイズのカラフルなお菓子。
ココナッツミルクの白と緑豆がアクセントになっている。
一見ゼリーのようだが、緑豆の粉を使うので、寒天より弾力があり、こんにゃくゼリーの食感に似ている。
ほんのり甘く、白い部分はしょっぱい。
つるんと喉を通っていくさっぱりしたおやつだ。


 

カテゴリー: お菓子

カノム・メットカヌンขนมเม็ดขนุน
ジャックフルーツ(カヌン)の種(メット)を模したツヤツヤしたお菓子。
アヒルの卵を使っているので橙色が鮮やかだ。
縁起が良いお菓子ということで、結婚式や仏教行事で出される。
黄身の衣がついているため、匂いも味もそのまま卵味。
中にはココナッツミルクで煮た甘い緑豆が入っている。


 

カテゴリー: お菓子

カオマオข้าวเม่าทอด
バナナ揚げに天かすをのせたお菓子。
クルウェイ・カイという小さくて香りの良いバナナを使うのが特徴で、揚げると甘味が増し、びっくりするぐらいとろんと甘い。
(写真のはオーナーのアイデアでそれを包んだもの)


 

カテゴリー: 果物

ライチーลิ้นจี่
アルマジロのような皮をぺりぺりっと剥くと、乳白色のジューシーな実が出てくる。
北タイに多く植えられているライチーは、雨季に入る頃に市場に出回るが、期間が短くあっという間に消えてしまう。
傷みやすいので買ったらみずみずしいうちに食べよう。


 

カテゴリー: お菓子

カノム・ナーヌワンขนมหน้านวล
船のような形をした、すべすべのクリーム色(ヌワン)のお菓子。
中が空洞になっているので、カノム・トーンプローン(空洞の金)とも呼ばれている。
ほろほろと崩れ、雪が溶けていくような細かい舌触りだ。
バニラエッセンスで香りをつけていることもあるが、黄身と砂糖を混ぜたシンプルな味。とても甘い。


 

カテゴリー: お菓子の豆知識

石灰ナーム・プーン・サイ
赤色の石灰を多目の水に混ぜ、沈殿した上澄みを使う。
この石灰水は、煮崩れ防止のため予め果物を浸けておいたり、焼き菓子や揚げ物などをカリッと仕上げたい時に粉と混ぜたりして使う。
また、水に溶かさないものは、噛みタバコに入れる。
人によっては、歯が痛い時につめておくとか。
市場の噛みタバコ売り場で買うことができる。


 

カテゴリー: その他

もち米もち米 ข้าวเหนียว
タイ北部の主食はもち米、カオニャオだ。
北部では、「カオ・ヌン」と呼ぶ。
「ヌン」は蒸す、という意味。
くるくるっと指で一口サイズにまるめ、おかずと一緒に食べる。

もち米の蒸し方(東北風)腹持ちがよく、農作業するときには欠かせない。
若い人は太るのを気にして、普通のごはんを食べる傾向になってきているが、年配の人は「もち米でないと食べた気がしないよ」と毎食もち米を食べている。
ただ、食べると「眠くなってねえ・・・・・・」とゴロリとしたくなるそうだ。
北部の民間療法で、もち米を腹痛・下痢の時に使うことがあるという。
もち米を小さく丸め、火で焼きおにぎりのようにこんがり色をつけ、それをコップ1杯の水に入れる。すると水が黄色っぽくなるので、それを飲むといいとか。


 

カテゴリー: その他

ホーヌン・ガイ鶏肉と野菜のバナナ葉蒸し ห่อนึ่งไก่
北部では、ソンクラーンや仏教行事があるときによく作られるのが、「ホー・ヌン・○○」。
○○には鶏肉や魚、豚肉などが入るが、それらを味付けし、バナナの葉で包んで(ホー)蒸した(ヌン)料理だ。
一般的には鶏肉(ガイ)が使われている。

ホーヌン・ガイ石臼でハーブをつく人、バナナの葉を切る人、包む人など役割分担をし、家族総出で手伝う。
たくさん作ったホーヌンは、お寺や近所に配る。
各家で味付けが違うので、食べ比べすると楽しい。
煎ったお米を細かく潰し、それを混ぜるので、独特のもったりした食感がある。
ナンキョウやレモングラスなどのハーブが肉のうまみを引き出し、もち米と食べればそれだけで満足度120%だ。
100g約125.68カロリー。 


 

カテゴリー: お菓子

カオニャオ・デーン赤(黒)もち米のお菓子 ข้าวเหนียวแดง
ココナッツミルク、もち米、ヤシ砂糖という、身の回りにある素材を使って作る、昔ながらのとても素朴なお菓子。
もちもちっとしていて、歯応えがある。
甘いが、ヤシ砂糖を使っているのでまろやかな甘さ。
ココナッツミルクが入っているのでコクがある。
写真のものはバナナの葉にのっているが、四角く切り売りしているのが一般的。


 

カテゴリー: 果物

緑色のチョンプーローズアップル ชมพู่
冬から暑い季節に向かう時期に出回るのがチョンプー。
梨のようにジューシーでシャキシャキしているが、もっと軽い口当たり。

赤いチョンプー黄緑色とワインレッドのものがあり、後者のほうが甘い。
マミアオという品種は赤く、ずんぐりむっくりしていて酸味がある。

チョンプーの花チョンプーの花。


 

「北部料理&お菓子」の記事には、地元情報誌One-Two Chiangmai/Chaoに掲載したものもあります。

 

新しい記事| 最新 |古い記事