チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイで出会ったタイ料理とお菓子たち

<< カオニャオ・デーン | 最新記事 | カオニャオ >>
カテゴリー: その他

ホーヌン・ガイ鶏肉と野菜のバナナ葉蒸し ห่อนึ่งไก่
北部では、ソンクラーンや仏教行事があるときによく作られるのが、「ホー・ヌン・○○」。
○○には鶏肉や魚、豚肉などが入るが、それらを味付けし、バナナの葉で包んで(ホー)蒸した(ヌン)料理だ。
一般的には鶏肉(ガイ)が使われている。

ホーヌン・ガイ石臼でハーブをつく人、バナナの葉を切る人、包む人など役割分担をし、家族総出で手伝う。
たくさん作ったホーヌンは、お寺や近所に配る。
各家で味付けが違うので、食べ比べすると楽しい。
煎ったお米を細かく潰し、それを混ぜるので、独特のもったりした食感がある。
ナンキョウやレモングラスなどのハーブが肉のうまみを引き出し、もち米と食べればそれだけで満足度120%だ。
100g約125.68カロリー。 


 

「北部料理&お菓子」の記事には、地元情報誌One-Two Chiangmai/Chaoに掲載したものもあります。