チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイで出会ったタイ料理とお菓子たち

<< サラ | 最新記事 | カノム・ペンジー >>
カテゴリー: ハーブ

グラチアップグラチアップ กระเจี๊ยบ
レストランや屋台でルビー色のきれいなハーブティー(ジュース)を見かけるが、これはハイビスカスの一種のグラチアップ(ローゼル)を煮出したもの。
花が咲いた後のガクを使う。
レモンとは違ったまろやかな酸味があり、とても爽やか。

グラチアップ・ジュース屋台のものは甘いのが主流だが、自分で作る時は好みでお砂糖を加減しよう。
尿石、高血圧、酒酔い、内熱、喉の渇きに効果がある。
冬になると新鮮なグラチアップが市場に出回ることがあるので、
ジュースだけでなく、ソースやジャム、シャーベットにしてみては?


【作り方】
グラチアップの花こんな木になっている10月下旬頃に花が咲き始め、こんな実ができる。

がくを取るナイフでぐるっと周りに切り込みを入れる。

このようになる芯(種)をはずす。

グラチアップこんな形になる。

グラチアップ太陽にあて、カリッとするまで干す。

【飲み方いろいろ】
A: 鍋に水を入れ、5、6個を15分ほど煮だし、漉してから容器に入れる。
B: 粉末状に潰し、お湯で溶く。
C: マグカップに1、2個入れてお湯を注ぐ。
*好みで砂糖・塩を加える。


 

「北部料理&お菓子」の記事には、地元情報誌One-Two Chiangmai/Chaoに掲載したものもあります。